狸吉のFX運用ログ

狸吉のFXトレード記録。株と為替の考え方は全然違うけど面白い。研究して考えたことのメモ。できる限り詳細記録。(2018年4月~開始)

狸吉のFX100冊読破プロジェクト (2/100冊目) ☆☆

作成:2018年4月30日 月曜日
更新:2018年5月4日 金曜日

FX先生
FX先生
扶桑社

対応レベル

FXトレードの初心者〜中級者向け


感想

株式投資を数年やってから為替に入ると、似ている点がいくつかあることから混合してしまいそうになる。この本では特に株式は2次元、為替は3次元という考え方が非常に面白かった。株式投資家が為替で失敗する話をよく聞くけど、多分、この価値の考え方の違いが大きいのかもしれない。株式投資ではファンダメンタルで勝ててきたけど、為替は特にテクニカルの要素が高いと感じた。この本は面白いからもう少しトレードが出来るようになったらもう一度読み直したい。もう少しFXの基礎固めと苦手なテクニカルを今後少しづつ克服して、もっと利幅を取れるようになりたいな。


本におけるポイント

トレードにおいて重要なこと

  • 稼げるようなトレーダーになるには、負けないこと (参照:P.011)
  • 負けないためには「損失の可能性を限定する」こと、つまり損切りをしっかりすること。(参照:P.030)
  • 株式は2次元、為替は3次元 = 時間軸、円の価値、ドルの価値 [ドル円の場合]
  • 為替においては、高く買って安く売る。(参照:P.047)
  • 注文方法は指値ではなく、逆指値 (参照:P.081)
  • トレンドは日々変わるため、トレードストーリーは日々修正する。 (参照:P.144)
  • ポジションサイジングで許容損失は1ポジションあたりの証拠金5%以内に抑える。ちなみにプロは1%以内と厳密に管理している。(参照:P.148)

リスク管理方法

  • トレード毎のリスク管理をしっかり行う。
  • FXの収益源は為替差益であり、スワップポイントや外貨預金と混同してはいけない。為替差損を抱えた場合、スワップポイント(1年分の金利)のために損切りのタイミングを失ってしまうトレーダーが多い。ただし、これは資産を大きく毀損してしまうリスクである。(参照:P.027)
  • 大きく負けた場合は休む、などのルールを作る (参照:P.181)

主要なテクニカル分析

  • ダウ理論
  • 20 EMA (=Expotential Moving Average) 指数移動平均線
  • 14 RSI (=Relative Strength Index) 総対力指数 →ダイバージェンスを探す

その他、気になるトレード方法

  • 「聖杯」、ADX(平均方向性指標)とEMAを使用して、押し目を拾う方法。(参照:P.166)
  • ピラミッディング
  • ケルトナーチャネル


FX先生
FX先生
扶桑社


著:杉田 勝

専業トレーダー養成 FX先生の熱血教室 (DVD付)
専業トレーダー養成 FX先生の熱血教室 (DVD付)
扶桑社


DVD 杉田勝のエリオット波動入門 理論編 (<DVD>)
DVD 杉田勝のエリオット波動入門 理論編 (<DVD>)
パンローリング

***投資・資産運用にはリスクが付きものです。断片的な情報を鵜呑みにするのではなく、情報の裏づけを取り、分析を行った上、自己責任で行いましょう。***